離乳食ガイド

離乳食ガイド

離乳食の準備

離乳食の準備として、2カ月頃から白湯や麦茶などミルク以外のものを飲ませる事を始めていきましょう。

あげる時間はお散歩をした後、お風呂上がりなどは大人ものどが渇きますよね。
赤ちゃんも同じようにのどが渇くので、あげてみて下さい。

目安は1日1~2回、20ml~30mlから始めて下さい。
始めのうちは慣れる事が目的なので、全部飲まなくても大丈夫です。

私の息子の時も2カ月頃から毎日、お風呂上がりに麦茶をあげていましたが、始めは嫌がってしまって、本当に少ししか飲みませんでした。

3~4カ月頃からは果汁を与える事も出来ます。
果汁はデメリットもあり、早くから果汁を与えてしまうとアレルギーを引き起こしてしまう場合もあるので、ママの判断であげるかあげないか決めて下さいね。

離乳食を決める前にあげるものは、必ず液体のものをあげます。
果汁をあげるときは、2倍くらいに薄めてあげます。

食べさせる量はスプーン1杯程度でいいでしょう。
慣れたら少しずつ増やしていってもいいですが、食べさせすぎには注意します。

私の息子の時は、4カ月を過ぎた頃から果汁をあげていました。
食べる事に少し興味が出てきていた時期だった為、すんなり食べてくれました。
桃やオレンジなどの果汁をあげていました。

赤ちゃんの中には、嫌がって舌で押し出す子もいると思います。
赤ちゃんの体がまだ準備できてない為に起こることなので、すごく嫌がっている時は、2~3日後にまた再チャレンジしてみるといいでしょう。

まだ離乳食が始まる前のことなので、焦らなくても大丈夫です。

あげる果汁は、しぼりたてかベビーフードのものを使って下さい。
市販のジュースなどは、ほとんどのものには砂糖が入っている為、赤ちゃんには向きません。

果汁をあげるときは、哺乳瓶かスプーンを使ってあげてみてくださいね。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.