離乳食ガイド

離乳食ガイド

体調が悪い時の離乳食の食べさせ方

赤ちゃんの体調が悪い時、基本的には、お医者さんの指示に従いましょう。

自己判断はとても危険な時があるので、注意しましょう。

下痢の時は

下痢が長く続いてしまうと脱水症状を引き起こしてしまう場合があるので、白湯、麦茶、赤ちゃん用のイオン水などの水分をこまめに取ることがとても大切です。

食欲があればおかゆや、じゃがいもなど消化の良いものを食べさせましょう。

便秘の時は

離乳食を始めたばかりの頃は、便秘になってしまう赤ちゃんは多いです。
離乳食を食べるときは、ミルクのほかにも水分を取るようにするといいでしょう。

沢山の量を食べられるようになってきたら、ヨーグルトは腸にいいので食べさせるといいでしょう。

献立に食物の繊維の多い食材(サツマイモ、納豆など)を取り入れてみて下さい。

熱がある時は

汗をかくことにより体の水分がなくなっていってしまう為、水分をこまめに取りましょう。

食欲がない時は、果汁や果物、やさいスープなどの喉越しがいいもの、口当たりのいいものなどを食べさせます。

熱が下がってきたら

熱で胃腸が弱ってしまっている可能性があります。
消化吸収のいいものを食べさせましょう。

おかゆなども、いつもより柔らかめのものをあげましょう。

吐き気がある時

繰り返し吐いてしまっている時は、赤ちゃんの体から水分が急激に失われている時なので、脱水症状を起こしやすくなっています。

何度も何度も吐いてしまっている時は、一時的に離乳食を中止しましょう。
基本的には、半日以上中止して様子を見ます。
治らない場合は、病院へ行きましょう。

吐き気が治まっていれば、様子を見ながら少しずつ離乳食を再開していきます。

せきがある時

せきがある時は、水分補給をこまめにして、のどを潤してあげるようにしましょう。

のどに炎症が出来てしまっている場合もあるので、とろみのあるものなど、のどを通りやすいものを食べさせます、

飲み物も、のどを刺激しないように冷たすぎるものなどは避けて、ひと肌程度のものを飲ませます。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.