離乳食ガイド

離乳食ガイド

肉・お魚の冷凍保存の方法

肉や魚は、鮮度が落ちるのが早い食材なので、買ってきたその日にすぐに冷凍しましょう。

買ってきたままの状態の生のままで冷凍してしまうと、おいしさが半減してしまう場合もあるので、下ごしらえしてから冷凍するといいでしょう。

また、下ごしらえしてから冷凍しておくと、調理する時にとても便利ですよ。

■鶏ささみ
凍らせた状態のまますりおろすと、ひき肉より細かくすることが出来る為、離乳食初期の頃は、鶏ささみ肉を生のまま筋を取り、1本丸ごとラップにしっかりと包んで冷凍するといいでしょう。
9カ月頃からは、ゆでた後に細かくほぐして1食分ずつに小分けにして冷凍保存するといいでしょう。
ラップに包んで冷凍すると使いやすいです。

■ひき肉
ひき肉は火を通した後、水気をしっかりと切り、1食分ずつラップに包み冷凍するといいでしょう。
ひき肉は生のまま冷凍してしまうと、とても扱いにくくなってしまうので、調理してからの冷凍をオススメします。

■魚
魚はゆでた後に骨や皮をしっかりと取り除いて、1食分ずつラップに分けて冷凍します。
5~6か月の頃は、ほぐしてから冷凍するといいでしょう。
9カ月頃は、1食分ずつに分けた後、ほぐさないでそのまま冷凍すると、色々なレシピに活用することが出来ます。

■しらす干し
塩抜きをした後、しっかりと水気を切り、1食分ずつラップに包み冷凍しましょう。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.