離乳食ガイド

離乳食ガイド

離乳食完了期(1歳6カ月頃)の食べる目安量

1歳6カ月になる頃には離乳食は終了し、幼児食へと移っていきます。

食べる量に個人差は出てきますが、1歳6カ月になると目安として、1日に食べる物がこのぐらい食べれるようになります。

■緑色
主に体の調子を整えてくれます。
ビタミン、ミネラルが豊富です。
主に野菜類、果物類です。

野菜、緑の濃いものだと50g
緑の薄いもの…70g
果物、その他…100g

■黄色
主にエネルギーの素になります。
穀物や糖質からエネルギーを摂りましょう。
米、小麦粉、麺、いも、砂糖、油脂です。

軟飯…80g(子供茶碗1杯程度です)
パン…1枚
麺類…1/2玉
いも類…1/2個
砂糖…10g
油脂…10g

■赤色
主に体を作ってくれます。
脂肪分は控えめを心がけて、良質のたんぱく質を摂りましょう。
肉、魚、卵、牛乳、乳製品、豆類、海藻などです。

牛乳・乳製品…300ml
卵小さいもの…1個
肉・魚…40~50g
豆腐…30g
海藻・小魚…適量

緑色、黄色、赤色のものをうまく組み合わせて、バランスのいい食事を心がけましょう。
主食、主菜、副菜、もう1品の4品あるのが理想です。

上に書いてある量は1日の目安量なので、1食ずつではなく1日のトータルで献立を立てていくといいでしょう。

食事の時は水分を摂るのを忘れずに。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.