離乳食ガイド

離乳食ガイド

5~6カ月頃のベビーフードの使い方

食べる量が少ない頃なので、スティックタイプのだし系のものが活躍すると思います。
野菜などをだしで伸ばしてあげると、食べやすくなるでしょう。

7~8カ月頃のベビーフードの使い方

食べれるものが少しずつ増えてくる頃ですが、まだまだあまり上手には食べれないと思います。
ベビーフードのとろみのものをつかい、食材に足すことで食べやすくなるでしょう。

ベビーフードを使うことで味の変化をつける事が出来るので、ママも赤ちゃんの楽しめます。

9カ月頃~のベビーフードの使い方

離乳食が3食食べられるようになってくる頃からは、鉄分が不足がちになってくる頃です。

少し調理のしづらい鉄分豊富なレバーなども、ベビーフードを使うことで意識的に取ることが出来るでしょう。

手作りのものとうまく組み合わせて、献立を立てるといいでしょう。

ベビーフードを使ってとろみをつけよう!

みじん切りの野菜や、魚などにかけるだけで1品完成しちゃいます。

少しパサパサするような食材も食べやすくなるでしょう。

うどんやそうめんなどの麺類にかけて食べるのもおススメです。

いつもと変化をつける事ができるので、赤ちゃんも沢山食べれてしまうかもしれないですね。

ベビーフードをかけるだけで1品完成!

おかゆや、麺類、野菜などにかけるだけで簡単、栄養いっぱいのメニューを作ることが出来ます。

おかゆに野菜系(びんタイプ)のものをかけるだけで、野菜おかゆが出来上がります。

スパゲティーにトマト系(レトルトタイプ)のソースをかけるだけで簡単パスタの出来上がり。

私は離乳食初期の頃、息子が豆腐大好きな子だったので、よく豆腐にびんタイプのベビーフードをかけて食べさせていました。

野菜だけではなくお魚が入ったものもあるので、豆腐にかけるだけでも、とてもたくさんの味が味わうことができました。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.