離乳食ガイド

離乳食ガイド

離乳食の献立の立て方

大人と同じようにバランスのとれた献立にしてあげたいですよね。

赤ちゃんに沢山栄養をつけてあげるためにも、毎日の献立をしっかりと立ててあげましょう。

■基本の献立
ビタミン(副菜)+たんぱく質(主菜)+炭水化物(主食)

ビタミンは、体の調子を整えてくれる役目を果たします。
タンパク質は、血や肉の元となります。
炭水化物は、体を動かすエネルギーとなります。

3つの栄養素をバランスよく摂れる献立を考えていきましょう。
基本的には3品あるのが理想的です。

しかし、メニューによってはご飯に野菜を組み合わせて、おじやなどを作った時は、野菜おじや(炭水化物+ビタミン)+煮魚(タンパク質)と2品で3つの栄養素が取ることのできる献立もあります。

栄養素を組み合わせたメニュー例

■炭水化物+たんぱく質のメニュー
魚のおかゆ、卵うどん、ミートソーススパゲティーなどがあります。

■炭水化物+ビタミンのメニュー
野菜うどん(そうめん)、チャーハンなどがあります。

■タンパク質+ビタミンのメニュー
肉じゃが、魚と野菜の煮物、シチュー、カレーなどがあります。

このように組み合わせることで、沢山のメニューを作ることが出来るようになるし、赤ちゃんも沢山のメニューが食べられることによって、離乳食の時間がとても楽しい時間になるでしょう。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.