離乳食ガイド

離乳食ガイド

電子レンジ調理で注意すること

1.電子レンジで使える耐熱容器を使いましょう。

2.電子レンジの中はいつもきれいにすることを心がけましょう。
電子レンジの中の汚れをそのままにしておくと、離乳食ににおいが移ってしまったり、加熱ムラが出来てしまう原因にもなります。
こまめに電子レンジの掃除をしましょう。

3.加熱する食材の大きさは揃えましょう。
食材の大きさがバラバラだと加熱した時にむらが出来てしまうので、なるべく同じ大きさになるようにしましょう。

4.卵、なす、ソーセージ、ごまなどの殻や膜がある食材は、そのままの状態で電子レンジで加熱してしまうと、破裂してしまうことがあります。
電子レンジで調理する時は、必ず下処理してから加熱してください。
卵は軽くほぐしてから加熱してください。
ソーセージやナスは、切れ目を入れます。
ごまはすり潰してから使いましょう。

5.器は大きめのものを使い、ラップはふんわりとかけて使います。
器が小さいと吹きこぼれてしまう場合があるので、大きめの器を使うと安心です。
ラップをする時はふんわりとかけて少し隙間が開くようにかけると、水蒸気の逃げ道ができるので、ラップが破裂してしまうのを防ぐことが出来ます。

6.液体の多いものを電子レンジで調理する時は、端を少し開けた状態でラップをかけて水蒸気の逃げ道を作っておき、吹きこぼれるのを防ぎましょう。

7.おかゆやスープ系の液体が多いものを調理をする時は、途中で取り出して、軽く混ぜておくと加熱ムラを防ぐことが出来るでしょう。

8.電子レンジで調理すると器も熱くなってしまうので、取り出す時はやけどに気をつけて取り出しましょう。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.