離乳食ガイド

離乳食ガイド

5~6ヶ月頃の離乳食の進め方

離乳食を始める日は、赤ちゃんの機嫌がいい日を選んであげましょう。

1日1食から始めていくので、授乳タイムの中の1回を離乳食の時間にします。

離乳食を食べる時間は、できればお昼前後の時間がいいでしょう。
早朝や深夜の時間帯は避けるようにしましょう。

5、6カ月の頃は、なめらかに潰したペースト状のものを食べさせます。

赤ちゃんに食べさせるものは、消化の良いおかゆから始めるのが一般的です。

おかゆは、1日1さじから始めます。

しっかり食べてくれてウンチの状態も変わらないようであれば、次の日は2さじ。
3日目は3さじに増やしていきます。

順調であれば、野菜にもチャレンジしてみましょう。

新しい食材にチャレンジする時は、必ず1日1さじから始め、3日くらい続けてあげて様子を見ていきましょう。

1日目 おかゆ1さじ
2日目 おかゆ2さじ
3日目 おかゆ3さじ
4日目 おかゆ3さじ、野菜1さじ
5日目 おかゆ3さじ、野菜2さじ
6日目 おかゆ3さじ、野菜3さじ
7日目 おかゆ3さじ、野菜3さじ、たんぱく質1さじ・・・

このように、1日1さじずつ増やしていきます。
食べる量は、赤ちゃんにあわせて調節していきましょう。

離乳食を食べた後は、母乳やミルクを赤ちゃんの飲みたい分だけ飲ませてあげましょう。

始めて1ヶ月くらい経ち、順調に進んでいるようであれば、1日2回食に進みます。

赤ちゃんのタイムスケジュールの例

■1回食
 6:00 ミルク
10:00 離乳食+ミルク
14:00 ミルク
18:00 ミルク
22:00 ミルク

■2回食
 6:00 ミルク
10:00 離乳食+ミルク
14:00 ミルク
18:00 離乳食+ミルク
22:00 ミルク

このような感じで進めていくのが理想的です。
慣れないうちは、ママと赤ちゃんにゆとりがある時に進めていくのが一番です。

慣れてきたら、少しずつ時間のことも意識していけるといいですね。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.