離乳食ガイド

離乳食ガイド

7~8ヶ月頃の離乳食の進め方

7、8カ月頃になると離乳食にも慣れてきた頃で、1日2回食になっている頃だと思います。

2回食に慣れてきたら、離乳食を食べる時間を出来るだけ決まった時間に食べさせるように心がけていきましょう。

食べる量も増えてくるので、色々な食材を使い赤ちゃんにたくさんの食材を覚えさせてあげるといいでしょう。

7,8ヶ月くらいになると、赤ちゃんは舌を上下前後に動かすことが出来るようになります。

舌で食べ物を上あごに押し付けて、食べ物を潰して食べられるようになるので、赤ちゃんが食べる離乳食の固さは、舌で潰せるくらいの固さにして、粒も少し残るぐらいでいいでしょう。

野菜などは、柔らかく煮た後に粗いみじん切りに。
魚などは、ゆでた後にほぐす程度でいいでしょう。

食べにくそうにしている時は、水片栗粉でとろみをつけてみたり、納豆などのねばねばしているものなどと混ぜてあげると、食べられるようになる場合もあります。

固すぎてしまうと丸のみしてしまう場合もあるので、様子を見ながら固さを調節していきます。

1日の栄養の30~40%を離乳食で取れるようになってきます。

献立にも気をつけましょう。
離乳食後の母乳やミルクは、まだ赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

7、8カ月頃は、まだまだ食材そのものの味を覚える大切な時期なので、味付けはまだしなくていいでしょう。

1食あたりの離乳食の目安量

穀類(全がゆ):50~80g
野菜・果物:20~30g
魚・肉:10~15g
または豆腐:30~40g

この量を目安にするといいでしょう。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.