離乳食ガイド

離乳食ガイド

離乳食を食べたがる子には、もっと食べさせてもいいのか?

離乳食を始めたその日は、赤ちゃんが嬉しそうに食べていても消化機能がまだまだ未熟な為、赤ちゃんの体に大きな負担をかけてしまう場合があるので、必ずあげる量は守りましょう。

5カ月で離乳食を開始するとアレルギーになりやすい?

離乳食の開始時期は赤ちゃんの発達状態に合わせて始める物なので、赤ちゃんが口をモグモグしていて食べたそうなしぐさなどを始めていたら、始めてもいいでしょう。

心配であれば、一般的にアレルギーの起こしやすい食材などは、避けて進めていくといいでしょう。

赤ちゃんの成長に合わせ食べられる食材を進めていきましょう。

離乳食を始めたらウンチがゆるくなった。離乳食を中止した方がいい?

ウンチの回数など、様子を見てあまりひどそうではなく、赤ちゃん自身も元気があれば特に問題はないでしょう。

下痢になってしまい回数がかなり多く、水っぽい場合は1度病院で診てもらいましょう。

赤ちゃんの離乳食が始まってからのウンチトラブルはよくあることなのです。

離乳食を始めたらミルクをあまり飲まなくなってしまった!!

5、6カ月の頃の離乳食では、まだまだ離乳食からはほとんど栄養が取れていない為、出来ればミルクを飲んでほしいものです。

たくさん遊ばせて、お腹を空かせてからミルクを与えてみたりと色々工夫してミルクを飲む方法を探してみて下さい。

それでもミルクを飲まず、体重も増えていないようであれば、少し早目に2回食にしてみてもいいでしょう。

赤ちゃんがお腹が空くと我慢できずに怒り出してしまい、食べなくなってしまう。

この場合は、あらかじめ離乳食の時間を決めておき、赤ちゃんがお腹がすく前に、離乳食を用意しておきすぐに食べられるようにしておきましょう。

何回か離乳食をあげているうちに、時間の感覚なども掴めてくると思います。

離乳食の調理後すぐは熱いと思うので、冷ます時間も頭に入れておくといいでしょう。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.