離乳食ガイド

離乳食ガイド

今までは沢山食べてくれていたのに、7カ月頃から急に食べなくなってしまった

色々な原因が考えられます。

離乳食のメニューがマンネリ化してませんか?
ベビーフードのソースなどを使って、少し味に変化をつけてみてもいいでしょう。

また、食材を5、6カ月の頃よりも少し硬くしてしまって食べずらい場合もあります。

とろみを足したりしてみても食べないようであれば、元のトロトロ状態に1度戻してみてもいいでしょう。

ウンチに野菜の粒がそのまま出てきてしまう

赤ちゃんだけではなく、大人でも食物繊維の多い食品はそのまま出てきてしまっているんです。
特に問題はないでしょう。

トウモロコシやひじき、にんじんなどは特に目立ちます。
赤ちゃんが元気ならば心配ないでしょう。

生活リズムが一定しない為、離乳食をあげる時間がいつもバラバラになってしまう

まず大事なことは、出来るだけ毎日赤ちゃんを同じ時間に起こすようにすることです。
毎日、同じ時間に起きる事で生活リズムが一定してくるでしょう。

目安は朝、6時~8時くらいの間で起きているといいですね。

おかゆがあまり好きではないようで、野菜をまぜたおじやなどしか食べない

色々試してみて、普通のおかゆを食べない場合はしばらくおじやなどでもいいでしょう。

また、普段の献立で、おじやだけではなく違う食感の物を1品作ってみて食べさせたりしてみて下さい。

あまりこれが好き、これが嫌いと決めつけない方がいいでしょう。
成長するに従って、食べる物も変わってきます。

時間をあけておかゆをあげたら食べれるようになっていた、ということもありますので、たまにおかゆにもチャレンジしてみるといいでしょう。

copyright 2013-2017 離乳食ガイド All Rights Reserved.